MENU

脂肪撃退に防風通聖散が効果的!効果や使われている生薬紹介!

>>原生薬の量が違う!気になるメタボ対策に、防風通聖散といえば『生漢煎』<<

 

防風通聖散で肥満対策

 

お腹のお肉が気になる、なにをしてもなかなか痩せないという悩みを抱えている方におすすめなのが「防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)」という漢方薬です。漢方薬といえば、体質改善に使われることが多いのですが、内臓脂肪や皮下脂肪を落とすのも得意分野だといえます。

 

発汗作用利尿作用便通作用などが期待され、ダイエットをサポートしてくれる漢方薬です。

 

年をとればとるほど代謝が落ち、少し運動しただけでは痩せにくくなります。それだけでなく、大して食べていないのに摂取カロリーがあまり、どんどん内臓脂肪や皮下脂肪が増えてしまう方もいるのです。

 

運動や食事制限をしただけではなかなか痩せないのであれば、漢方の力を借りましょう。ただ、漢方薬といっても一度も飲んだことがないという方も多いはず。本当に効果があるの?という疑問もありますよね。そこで、内臓脂肪や皮下脂肪に悩んでいる方におすすめの防風通聖散について詳しくご紹介します。

 

生漢煎を購入する

 

防風通聖散は自然から取れる素材で作られている

防風通聖散は薬なの?

漢方薬には「薬」という感じが使われていますが、私たちが一般的に飲んでいる西洋薬とは違います。特に大きな違いとして挙げられるのが、薬の成分に関することです。

 

漢方薬では、生薬といわれる自然の素材を使って作られます。それに対し、西洋薬は生薬から有効成分のみを抽出して作られているのです。

 

これにより西洋薬はピンポイントで症状を抑えることができるだけでなく効果があらわれるのも早いという魅力があります。即効性もあるのですが、効き目が強いため、副作用の心配もあるのです。

 

一方、漢方薬は体の治癒力を高めることを目的としており、即効性はないものの徐々に緩やかに効果が現れるという特徴を持っています。

 

防風通聖散に、副作用はある?

漢方薬の大きな特徴ともいえるのが、西洋薬に比べて副作用の心配が少ないということです。100%副作用がないというわけではないのですが、正しい飲み方をしている限り大きな心配はありません。

 

しかし、生薬の中には他の生薬と飲み合わせが良くないものもあるため、自分で適当に漢方薬を組み合わせてのものはやめておきましょう。

 

>>『生漢煎』のこだわりを公式HPでチェックする<<


生漢煎を購入する

 

防風通聖散に使われている生薬の種類

防風通聖散は、18種類の生薬を使って、本気で脂肪を落としたい向けの調合がされています。それぞれ役割を持った生薬が、代謝を高め、体内のデトックス効果を促してくれます。

 

 

使用されている生薬

  • 防風(ボウフウ)
  • 麻黄(マオウ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 連翹(レンギョウ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 白朮(ビャクジュツ)
  • 芒硝(ボウショウ)
  • 山梔子(サンシシ)
  • 滑石(カッセキ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 荊芥(ケイガイ)
  • 当帰(トウキ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 石膏(セッコウ)
  • 川きゅう(センキュウ)

 

>>『生漢煎』に使用されている生薬をチェック<<

防風通聖散の効果

防風通聖散を飲むことによって内臓脂肪や皮下脂肪を落とすためにどのような効果が期待されるのかをご紹介します。

 

デトックス効果

デトックス効果

防風通聖散に含まれているトウキ・センキュウ・シャクヤクには血行を促進する働きがあります。これにより新陳代謝が高まり、デトックス効果が期待できるのです。

 

痩せるためにデトックスは欠かせません。体内に老廃物が溜まった状態になると代謝も落ちるため、しっかりデトックスしましょう。

 

便秘の改善効果

排便効果

便秘気味の方はそうでない方に比べて痩せにくく、太りやすいという特徴を持っています。体内に便が溜まった状態というのは老廃物が蓄積している状態でもあるため、代謝が落ちてしまうのです。

 

防風通聖散に含まれているボウショウ・カンゾウ・ダイオウには便通を改善する効果があります。

 

排尿を促す効果

利尿作用

むくみが発生すると見た目が太くなるだけでなく、早めに解消しなければセルライトに繋がり、落としにくくなります。

 

防風通聖散に含まれているカッセキ・ビャクジュツには排尿を促す効果があるため、むくみの原因でもある体内の水分を排出するのに役立ってくれます。

 

体内の余分な熱を放出する効果

熱を放出

サンシシ・セッコウ・オウゴン・キキョウには体内で余っている熱を取り除く効果があります。脂っこいものや甘いものは取り過ぎると胃に熱がたまります。

 

すると、食欲が増進し、暴飲暴食に繋がります。余分な熱を取り除くことも食べ過ぎを防ぐために非常に重要です。

 

防風通聖散はどこで購入できる?

ドラッグストアで購入可能

「防風通聖散なんて聞いたことがないけれどどこで手に入るの?」と思っている方も多いでしょう。ですが、防風通聖散は非常に身近なところで購入できる漢方薬で、ドラッグストアや通販で購入可能です。

 

例えば、「コッコアポ」や「ナイシトール」といった商品がありますよね。これらも防風通聖散です。他にも漢方薬で有名なツムラやクラシエからも防風通聖散が出ています。

 

おすすめのアイテムについて

多くの企業が名前を変えて防風通聖散を販売しているため、結局どれを選べば良いの?と悩んでしまいますよね。そこで、ぜひおすすめしたいのがアインズ&トルペオンラインショップで購入できる、生漢煎 防風通聖散です。

生漢煎

 

生漢煎 防風通聖散は特にお腹周りの脂肪を撃退するのにおすすめの商品で、ぷよぷよしたお腹に悩んでいるという方から選択されています。漢方薬ということもあり、サプリメントとは違って効能効果が認められているため、脂肪撃退のために取り入れてみましょう。

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎

生漢煎 防風通聖散の大きな特徴ともいえるのが、原生薬を最大量27.1グラム配合した満量処方であるということです。

 

満量処方とは製薬の配合バランスのことをいいます。漢方薬はいくつかの生薬を組み合わせて作るわけですが、それぞれの使用量は細かく決められており、1日の最大配合量で作られた漢方薬のことを満量処方というのです。

 

これに対し、半分量しか使っていないものは1/2処方と呼ばれます。防風通聖散はたくさんのメーカーが商品を出していますが、比較する際には有効成分の量ではなく、満量処方であるかどうかをチェックしましょう。

 

生漢煎 防風通聖散は満量処方であるため、配合量が少ないものに比べて高い効果が期待できます。

 

ただ、満量処方で作られた漢方薬のデメリットともいえるのが、量が多くなってしまう場合があるということです。生漢煎 防風通聖散の場合はどうなのかというと、こちらは独自の製剤技術を使っており、添加物を極力減らすことにより有効成分を凝縮することに成功しました。そのため、1回1包で済むのです。

 

続けやすい定期コースが人気

漢方薬は西洋薬と違い、効果がゆっくり現れます。そのため、できるだけ長く続けられるものを選択することが重要なのです。ドラッグストアなどで購入をすると切らしてしまったタイミングで飲むのをやめてしまうことがあるかもしれません。そうではなく、通販での定期購入という形を取りましょう。

 

さらに、生漢煎 防風通聖散は定期コースを選択すると、料金がお得になります。

生漢煎

毎月1箱お届けするコースであれば通常価格7,800円のところ初回限定価格として3,900円になり、2回目以降は5,900円です。送料が無料になるというのもうれしいポイントでしょう。

 

3ヶ月に3箱お届け定期コースは通常価格23,400円のところ初回限定で14,500円となり、2回目以降は16,500円です。6ヶ月に6箱お届け定期コースは通常価格46,800円のところ初回限定で27,400円となり、2回目以降は29,400円となります。6箱コースの場合、毎回18,100円もお得な計算になるため、かなり違いますよね。

 

また、植物由来成分90%以上配合の温感マッサージ用ボタニカルホットジェルが3箱お届け定期コースでは1本、2箱お届け定期コースならば2本プレゼントされます。こちらは初回限定という形になりますが、マッサージも脂肪の撃退に役立つため、取り入れていきましょう。

 

まずは試してみたいということであれば、初回限定3,900円で1箱を試してみるのがおすすめです。こちらは送料が別途700円かかるため注意しておきましょう。

 

  初回 2回目以降 1日あたり 購入

1箱/毎月

3900円

5900円

130円

この定期コースを注文する

3箱/3カ月ごと

14500円

16500円

161円

この定期コースを注文する

6箱/6カ月ごと

27400円

29400円

152円

この定期コースを注文する

生漢煎を購入する

生漢煎 防風通聖散を飲むだけで痩せる?

これを飲むだけで痩せる!というサプリメントを試したことがあるものの、全く効果がなかったという方も多いはずです。ですが、生漢煎 防風通聖散は効果が認められている医薬品であるため、サプリメント以上の効果を期待できるでしょう。

 

注意しなければならないこととして、生漢煎 防風通聖散を飲んでいれば暴飲暴食をしても太らない、飲むだけでどんどん痩せていくというものではありません。

 

あくまでダイエットを補助してくれるものだと考えましょう。ただ、運動をしたわけではないのに生漢煎 防風通聖散を飲み始めたところ体重が減ったという口コミも多いので、なかなか運動する時間が取れないという方にもおすすめです。

 

飲み方と、飲んではいけない人、注意点

とても魅力的な生漢煎 防風通聖散ではありますが、飲み方を間違えてしまうと思わぬトラブルに繋がってしまう可能性があります。

 

生漢煎 防風通聖散の正しい飲み方

正しい飲み方は、1回1包、1日3回を朝昼夕、食前または食間に飲むという方法です。そのままでも飲めますが、飲みにくい方は水かお湯で服用しましょう。

 

カフェインが含まれるコーヒーや緑茶、紅茶などで飲んでしまうと相乗作用により効果が強く出すぎてしまうことがあるため、水で飲むのが基本です。

 

食間というのは前の食事から2〜3時間経ったタイミングのことをいいます。

 

飲む前に確認が必要な人、飲んではいけない人

漢方薬といえば体に良いイメージがあるかもしれませんが、注意して服用しなければならない方もいます。

 

  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 体力のない人
  • 胃腸が弱い人
  • 高齢者
  • 著しく汗をかく人

このほかにも、持病などがあり医師の治療を受けている方や高血圧、心臓病、腎臓病、下痢気味、排尿障害、甲状腺機能障害を抱えている方は服用前に医師や薬剤師に相談しましょう。

 

また、授乳中の方は飲んではいけません。
自分の場合は飲んでも大丈夫なのかよくわからないという方は医師に相談した上で飲みましょう。

 

飲むときの注意点

たくさん飲めば飲むほど早く体重が減るというわけではないので飲み過ぎないようにしましょう。用法容量をを守らずに飲んでしまうと体調を悪くしてしまう恐れがあります。それから、芍薬甘草湯などの甘草を含む漢方薬との飲み合わせは相性が悪く、具合を悪くしてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

甘草の処方例 カンゾウエキス、葛根湯、小青龍湯、甘草湯、小柴胡湯など

 

副作用のリスクについて

漢方薬は副作用の可能性が低いと言われているものの、まれに副作用が起きる方もいます。特に多いのは下痢なのですが、体調が悪い時や体力の落ちている時に生漢煎 防風通聖散を飲んだところ下痢をしてしまったという方も多いので、体調の優れない時などは飲まないようにしましょう。

 

防風通聖散で賢くダイエット

肥満症は病気

内臓脂肪や皮下脂肪を何とかしたいと思っているものの、なにから始めたら良いのかわからないという方も防風通聖散ならばただ飲むだけで良いので始めやすいでしょう。これに適度な食事制限や運動を組み合わせることにより、効果をさらに高めることもできます。

 

多すぎる内臓脂肪や皮下脂肪は糖尿病や高血圧、心臓病、動脈硬化などの恐ろしい病気を引き起こすため、しっかり対策を取りましょう。生活習慣を整えたいと思っている方も防風通聖散を組み合わせて取り入れていくことにより健康的な体を目指します。

 

肥満撃退に効果のある漢方薬を探しているという方はぜひ防風通聖散を試してみましょう。

生漢煎を購入する